10月15日、三条河原で待つ

3年前、特定秘密保護法が通り、去年は日本中で反対運動が起こったが戦争法案は「採決」された。
今年の夏。参議院選挙で改憲勢力が2/3を押さえた。

311原発事故も放射能汚染も、全部なかった事にして、2020年東京オリンピックに向かって浮かれる日本。
この夏、ヘリパッド建設に反対する沖縄の高江(人口160人の小さな村)には、日本中の機動隊が押しかけて市民を弾圧するという異常事態が続いてる。それを、こちら(本土)のマスコミはほとんど無視。

憲法改正とか言う前に、人がまともに生きて行くためにやるべき事・やってはいけない事が、この国には山積みだろう??

改憲への危機感なさ過ぎて、ヤバくないか?!...と感じるバンドマン数人の呼びかけで、私たちは8月28日に三条河原に集まり、”明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)”から高木野衣弁護士をお招きして「バンドマンのための憲法カフェvol.0」を行いました。
その日集まった雑多な人々が「何となく改憲」な空気を押し返そうと、つながり始めたのが、"改憲ヤバい、ドットコム"です。

10月15日の昼間、京都の三条河原で「改憲をマジで止めたいバンドマン、歌手、百姓、アーティスト、作家、仕事人、無職の人、何か表現する人、しない人★大交流会」を企画しました。途中参加・出入り自由の集まりです。改憲を止めるためのアイデア、ビジョンの持ち込み大歓迎。
空気、変えましょう!!

カウンター